ブログは毎日更新しない!10万円稼ぐアクセス数に依存しない書き方

ブログ運営をする場合、稼げるブログ=アクセスの多いブログと思われがちです。

もちろんアクセスが大いに越したことはありませんが、10万円を安定して稼ごうと思った場合、アクセスに特化する必要はありません。

狙ったキーワードで上位表示ができていれば、月10,000アクセス(1日300〜400アクセス)であっても十分収益を上げることは可能なのです。

なので、意味のないアクセスアップを狙っていくことは今日から辞めることをオススメしたいと思います。

この記事では、大量アクセスを集めなくても収益化できる方法についてお伝えしていきたいと思います。

※グーグルアドセンスで稼ぐことを目的にしている場合は、この記事の内容はすべて使える訳ではありませんので、参考程度にとどめておいてください。

ブログは毎日書かないといけないいう思い込み

ブログの基本ノウハウというのは、ブログ内に記事をたくさん書くことを前提に作られていることが多いです。

「300記事書くまでは辛抱です」などと教えられている方も多いのではないでしょうか?

この300記事書くのはなぜでしょう?

答えは、アクセスを集める為です。

月10万、20万というアクセスは最低レベルで、100万アクセスを狙いましょうというのが根底にあるはずです。

この手法は、グーグルアドセンスを使って収益を上げる場合には非常に有効ですが、果たしてそんな何十万PVを集めることは可能でしょうか?

確かに、グーグルアドセンスで100PVあれば月収30万円くらいになると思いますが、30万稼ぐのにどれだけ苦労してるんだと思います。

正直、私はアクセスを集めることを目的に、そんな何百記事も書くのはゴメンです。

しかも、アクセス重視になる為、短期的にアクセスが集まる記事を書きがちになりますので、いつまで経ってもアクセスは安定せず、永遠と記事を書き続ければならない地獄にハマっていくのがオチです。

そもそもアクセスを集めないと稼げないということ自体が偏った考え方であることを認識するところから始めなければなりません。

 

なんでもいいからとりあえず書くはダメ

「とにかく毎日3記事書かなければ!」

みたいな、中身や質よりも、更新する数を目的としてしまうのは一番良くないパターンです。

もちろん、記事数の少ないブログよりも、記事数の多いブログの方が良いことは否定はしませんが、中身を重視せず、更新数だけを追い求めた記事を誰が読んでくれるでしょうか?

1日3記事中身のない記事を量産するのであれば、中身のある記事を3日に1記事更新する方がよっぽど読者の為になります。

グーグルは、読者にとって役に立つ記事なのか?をよく見ています。

それも、ちょっとした検索エンジンのちょっとした仕様の変更の度にその傾向は強くなっています。

なので、記事更新を目的に量産をしても、時間の無駄にしかならないのです。

 

収益源を最初から決めておく

とにかく記事を書く!ことを目的にするのではなく、最初からブログの収入源を決めておくことが大切です。

つまり、サイトのテーマ、方向性を最初に決めておくことが大切です。

雑記ブログの様に、多テーマであったとしても、3つ〜5つくらいに記事にするテーマを絞り込んでおいた方が書く内容も困らないし、全体的に統一感が出てスッキリします。

ゲームのことやダイエット、英語の勉強法などがグチャ混ぜに書いてあったら、なにをしたいのか読者の混乱の元になりますし、そもそもなんでも屋さんの記事を参考にしてなにを買ったり行動しようとは中々思いません。

 

検索で上位にする為のキーワードを選ぶ

書くテーマを決めたら、どのキーワードで検索上位を狙うかしっかりリサーチが必要になります。

もちろんライバルの多いジャンルやワードでは中々上位表示ができませんが、関連のワードをしっかりリサーチすると、入り込める要素は大概のテーマであります。

このライバルの少なそうなキーワードをサジェストやキーワードプランナーでちゃんと選別をすることによって、作りたてのブログや後出しのブログであっても上位を狙うことができますし、そういうライバルの少ないキーワードは、他者の記事も中身が薄いことが多いのでアクセス自体は少なくても十分勝負ができるのです。

 

読者が求めていることをちゃんと書く

キーワードを選定したら、そのキーワードに沿って、読者の検索している意図を汲み取った記事を書くことも重要です。

キーワードとは全く異なる売り込み記事を書いても、せっかく読んでくれているのにスルーされて終わってしまいます。

キーワードに対して、誠実に解決できる情報を提供する。

そして、その悩みを解決する手段としてあなたの紹介した商品を紹介していくことによって、アフィリエイトは成立するのです。

例えば、下記のアフィリエイトはたった1記事だけです。

しかも1日50アクセス程度しかありませんが、ほぼ毎日成約しています。

しかもコンバージョン率が約20%と中々な数字が出ています。

広告のクリック率も5%前後なので悪くない数字です。

この記事は1回書いてからほぼ手を加えていません。

こういうネタが数個あるだけで、月収10万円以上は容易に安定することはご理解いただけたのではないでしょうか。

 

トレンドに依存する人気記事は書かない

こういうアフィリエイトをしようと思った場合、トレンド記事を書いてはいけません。

トレンド記事は、その時の流行りネタでしかありませんので、瞬間的に大量のアクセスを集めることは可能かもしれませんが、アクセスに持続力がありません。

瞬間的に1万アクセスを集められたとしても、1週間後にはほとんどゼロになってしまうことが多いです。

これを繰り返している限り、お金を稼ぐことはできるかもしれませんが、記事を書きまくる更新地獄からは一生抜け出すことはできません。

 

ゴミ記事は言うまでもなくNG

記事の更新数を達成するために、中身のないゴミ記事を書きまくるのは言語道断です。

そんなことをしても誰の為になりません。

タイトルで釣ってクリックをさせて中身がなかったら、読者は二度とあなたのブログには訪問してくれなくなりますし、読者の貴重な時間を奪ってしまっただけになってしまします。

書いたあなたも中身がないものを書いている以上、世の中の役に立てていない訳ですので、自分の時間を無駄に使ったに過ぎません。

なので、中身のない記事を書くくらいなら、最初から書くのはやめましょう。

ちゃんと調べて、人の約に立つ記事を書くことに専念した方が後々が楽になります。

 

売上はアクセス数と比例する訳ではない

アクセス数は大量に必要ないと何度も言っていますが、これには私の実体験に基づいた根拠があります。

私はある専門サイトを運営していますが、そのサイトで月間2万PVの時と月間10万PVの時でアフィリエイト報酬が変わらなかったのです。

アクセスを増やせば売り上げも増えるかと考え、検索からの流入を呼び込めるように裾野を広げる記事を書いたので、結果的にアクセスは増えました。

ですが、裾野を広げても、その読者は購買意欲のある読者でなかった為、結果売り上げが増えることはなかったのです。

なので、アクセス数=売り上げではなく、読者の求めている悩みを解決できた数に応じて売り上げが立つことを身をもって経験しました。

 

記事数はどれくらい書けばいいの?

読まれるブログに必要な文字数は?

いつになったら検索で上位表示できる?

 

 

毎日書くメリット

毎日書くデメリット

-ブログ運営

Copyright© ブログの掟 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.