クリック率5倍!?ブログタイトルのつけ方【20個の事例付き】

困った君
ブログのタイトルってどうやってつけたらいいのかな?
困ったさん
キーワードを入れるだけじゃダメなの?

 

 

せっきー

ブログのタイトルのつけ方を工夫すると、クリック率が爆増します。

僕が計測している中では、最大5倍とかもあり得ます。

なので、キーワードを盛り込むだけじゃダメなんです。

 

 

この記事では、下記3つのことを解説しています。

実践してもらえますと、ブログ記事のクリック率が上がることが見込まれます。

・ブログタイトルにこだわった方が良い理由

・ブログタイトルの付け方

・効果的な事例を20個用意しました(真似してOK)

 

ブログのタイトルは、ちょっとひと工夫を加えるだけで、クリック率が全然変わってきます。

 

実際に、僕の計測している例でも、統計上のクリック率の5倍くらいになっていますので、この記事を参考にブログタイトルのつけ方を変えてみてください。

 

この記事の信頼性

せっきー
僕の経歴と実績を簡単にご紹介します。

副業から始めて、Webマーケビジネス7年目。

現在は独立して沖縄に移住しました。

ブログの実績は

・ブログからの年収は約1,500万円(4サイト運営中)

・ブログから登録されているメール購読者は年間約3,000人

・ブログで貯めた航空会社のマイルは1,000万マイル以上(価値にして1億円以上)

参照ブログ:マイルの錬金術師

・Twitter:フォロワー約11,000人(@sekky1410

 

それでは、続きをどうぞ!

 

ブログタイトルにこだわった方が良い理由

具体的なタイトルのつけ方を解説する前に、理由を解説したいと思います。

 

ブログのタイトルとは?

ここで言っているブログタイトルとは、「記事タイトル」のことを指します。

 

この記事で言えば、「クリック5倍!?ブログタイトルのつけ方【20個の事例付き】」の部分です。

 

 

ブログのタイトルが重要な理由

ブログタイトルが重要な理由は下記の2つが挙げられます。

 

読者がクリックするかどうかの判断材料になる

まず第一に、ブログのタイトルは「読者がクリックするか(読むに値する記事か)を判断する材料」になるという点です。

 

読者が検索をするのは、ある事象について解決したいから検索をします。

 

当然ながら、答えを知っていたり、悩んでなかったら検索をする理由がありません。

 

実際に検索をしたときに、読者は検索結果として表示されたものの中から、自分の調べていることに対して最も解決してくれる確率の高そうなものをクリックします。

 

例えば、「副業 流行り」で検索してみると下記のような検索結果になりました。

 

このときの検索結果の上位3記事を紹介してますが、「副業 流行り」で検索しても3つとも趣旨の異なる記事が表示されています。

 

検索者は、この中から探しているものに最もマッチしているものをクリックします。

 

「おすすめの副業10選!2020年はシェアビジネス、スマホアプリなど」

最新のおすすめ情報が知りたかったら、1つ目をクリックするでしょう。

理由は、「おすすめ」と書いてあるので、稼ぎやすそうに感じるからです。

 

「300人に聞いてわかった!2020人気の副業TOP10」

副業をやりたい人が口コミや感想などの意見を元に決めたかったら、2つ目の記事をクリックすると思います。

理由は、300人の統計に基づいているので、信頼性があると感じるからです。

 

「おすすめの在宅副業51選!お金を稼ぐ方法をランキングしてみた【2020年版】」

世の中で流行っている副業の種類をたくさん知りたいのであれば、3つ目の記事は51種類も書いてあるので、こちらをクリックすると思います。

 

同じ「副業 流行り」でも検索者のニーズは異なるのです。

 

なので、タイトルを決める際には読者が知りたいことはなにか?をよく考える必要があるということになります。

 

 

SEOへの影響を考慮

ブログタイトルは、もちろんSEOへの影響も考えられます。

 

ブログのタイトルは、その記事の内容を要約したものになります。

 

なので、読者のニーズを正確に汲み取り、手短にわかりやすく表現しているタイトルは、Googleからの評価も上がり、アクセス数増加にもつながります。

 

 

ブログのタイトルが良いとクリック率が爆増する

実際に、タイトルが良いとクリック率は上昇します。

 

前提知識として、標準的な順位ごとの統計データは、下記のようになっています。

 

数字は覚えなくていいです。

ざっくりこんな感じなんだと認識してもらえれば大丈夫です。

出典:SEO Pack

 

2017年のデータですが、それ以降も僕の感覚的でもこれくらいの数字なので、現在でも大きな差はないと思われます。

 

しかし、クリック率はブログタイトルのつけ方によって大きく変わる場合があります。

 

 

読者のニーズとマッチングしている場合

読者のニーズに合ったタイトルがつけられていると、クリック率が統計よりも高くなることがあります。

 

これは僕が運営しているブログの一例を紹介します。

各検索ワードの掲載順位が2位〜3位でもクリック率が30%を超えています。

 

統計値から3〜5倍のクリック率になっています。

 

平均掲載順位が20位にもかかわらず、クリック率16.58%は中々驚異的な数字だと思います。

 

 

読者のニーズと離れている場合

記事タイトルと読者のニーズが合致しないと、当然順位はよくてもクリック率は下がる傾向にあります。

この記事のタイトルは、「ポイ活とは?初心者のおすすめサイトとやり方4ステップ!ブログの始め方【保存版まとめ】」というブログタイトルになってます。

 

ポイ活の初心者のやり方なのか、ブログの始め方なのか、何が言いたいのかイマイチわからないブログタイトルになっています。

 

キーワードの詰め込みすぎによる、やらかしです。

 

 

掲載順位は悪くないのですが、当然ながら統計値よりもクリック率は低い傾向あります。

 

 

ブログのタイトルのつけ方

前置きが長くなりましたが、ここからブログタイトルのつけ方を解説します。

 

以前、「マイル」という月間検索回数が150万回もある超ビッグワードで9位という順位を獲得したことがあります。

 

ブログタイトルのつけ方を最適化することは、検索順位アップ、アクセス数増加に直結します。

 

今回紹介するタイトルのつけ方テクニックは4つです。

・読者へのメリットを伝える

・キーワードは必ず入れる

・タイトルの文字数を考慮する

・誇張表現や嘘はダメです

 

 

読者へのメリットを伝える

冒頭でも解説していますが、読者はなんらかの困っていることを解決する為に検索をします。

 

検索結果から、何かしらを選んでクリックする訳ですが、

「クリックする理由」はなんでしょう?

 

「自分のニーズに適した回答がありそう」

「役に立ちそう」

「得をしそう」

 

記事のタイトルからこんなメリットを感じるからじゃないでしょうか?

 

タイトルを見て、メリットを感じない(興味の湧かない)ものはクリックされません

 

 

例として、この記事のタイトルが下記の2つだとしたら、どっちをクリックしたくなりますか?

・ブログのタイトルの付け方20選

・クリック率5倍!?ブログタイトルのつけ方【20個の事例付き】

 

おそらく、下のタイトルを選択されたのではないかと思います。

 

タイトルを見て、メリットが伝わるのかは、とても重要な要素になります。

 

 

このメリットを伝えるには、キャッチコピー的な要素が強くなり、クリックする理由を読者に感じてもらう為にも、記事の内容に応じたキャッチーな言葉が必要になってきます。

 

事例は、記事後半に20個掲載してますので、ご参考にしてみてください。

 

 

キーワードは必ず入れる

ブログタイトルに、キーワードは必ず入れるようにしてください。

 

ここでいうキーワードは、SEOキーワードのことを指します。

 

なんのことかわからない場合は、非常に大切なことなので下記の記事をご参照ください。

 

 

この記事で言えば、SEOキーワードはどれになるでしょう?

 

 

答えは、「ブログ タイトル つけ方」です。

 

このように、検索で表示させたいキーワードは必ず盛り込むようにしてください。

 

キーワード数は、最低2つ、多くても4つ程度が好ましいと思います。

 

多すぎると、なにが言いたいのかわからないブログタイトルになってしまったり、単語が並べられた無機質なタイトルになってしまうからです。

 

 

キーワードはタイトルの頭にあった方がよい?

タイトルのつけ方を調べていると、「キーワードはブログタイトルの頭につけた方が良い」

 

という解説をよく見かけます。

 

 

この記事のタイトルを、キーワードを頭に持ってきて作り替えるとこんな感じでしょうか。

 

元々のタイトル:

「クリック率5倍!?ブログタイトルのつけ方【20個の事例付き】」

 

キーワードを頭にしたタイトル:

「ブログタイトルのつけ方!クリック率5倍になる事例20個付き」

 

 

確かに、2018年から2019年前半くらいは、キーワードが頭にあった方が有利に働いていた傾向があります。

 

ただ、現在の状況を見ているとキーワードを頭に付けたから有利ということはほぼないと感じています。

 

なので、適切なキーワードが盛り込まれていれば、順番はあまり気にしなくてOKです。

 

 

タイトルの文字数を考慮する

ブログタイトルの文字数は32文字以内が適正とされる意見が多いです。

 

理由は、検索されるときに表示される文字数の上限が32文字だからです。

(スマホは、画面の大きい機種だと40字くらいまで表示されます)

 

例えば、

「ブログは毎日更新しない!10万円稼ぐアクセス数に依存しない書き方」

というブログタイトルは32文字ぴったりで作られています。

 

 

それに対して、

「集客できないブログの考えるべき9つ!読まれない。稼げない。検索でてこない理由は?」

というブログタイトルは40文字で作られているので、シッポが切り落とされてしまっています。

 

最適解は32文字前後を狙い文字数を超えてしまう場合は語尾には足切りされても良い言葉が来るようにすれば良いかと思います。

(足切りされても良い言葉であれば、切れてても読者がある程度予測することができますので)

 

間違っても、SEOキーワードクリックを促したいキャッチコピー的な言葉32文字より外の部分に来てしまってはダメです。

 

それでは、なんの記事かさっぱりわからなくなってしまいます。

 

 

誇張表現や嘘はダメです

目を引く書き方をすればクリック率が上昇するのは間違いありません。

 

しかし、誇張表現や嘘の表現をするのはダメです。

 

その記事を読んでみて、タイトルに相応しくない内容であったり、中身が嘘であれば、読んだ読者はガッカリすることと思います。

 

なにより、読者の時間泥棒です。

 

そういう記事は、仮に一時期上位表示できたとしても、サイトから読者の離脱率が上昇します。

 

その1記事で読者の信用も失います。

 

 

結果として、単体の記事どころかサイト全体の評価を下がる要因につながり兼ねません。

 

 

クリック率が上がるブログタイトルの付け方20選

クリック率を上げられるタイトルの付け方事例を20個紹介します。

 

キーワードを入れ替えればそのまま使えるものもたくさんあると思いますので、どうぞ自由にパクって使ってください。

 

1. ○○選、まとめ、比較を入れる

内容のまとまっている記事は、読者の調査する時間を短縮することができるので、網羅性があると好まれる傾向にあります。

 

○○選、まとめ、○○比較みたいなのは、複数あるうち候補の中からあなたの推薦するものも紹介しやすいので、非常に使いやすいテクニックです。

 

・初心者でもOK!すぐに5万円稼げる副業10選

・移住者が紹介する沖縄そばの美味しいお店まとめ10店

・格安スマホのSIMをメーカーごとに価格、サービス比較

・JALとANA、サービスを比較してみて本当に良いのはどっち?

 

 

2. ○つのステップ

○のステップという書き方は、初心者向けで使いやすい書き方です。

 

成長していく過程の順番を書いていくことで、初めての方でも「取り組みやすい」、「できそう」と感じてもらえるようなステップにしておくことが大切です。

 

・TOEICのスコアが1ヶ月で100点上がる勉強法を5つのステップで解説

・プログラミングが上達する7つのステップ

 

 

3. ○つのコツ、○つのポイント

○つのコツ、○つのポイントは、やるべきことの量の目安が読む前にわかるのでクリックを促しやすいです。

 

コツやポイントなので、あまり多くなりすぎないように注意が必要です。

 

30のコツ、50のポイントなんてタイトルだと、読んでいても結局なにが大切なのか理解不能になってしまいます。

 

5個前後が好ましいと思います。

 

・合コンであなたの魅力が3倍になる会話術!3つのコツがあります。

・感染症対策の手洗いの仕方5つのポイントで解説!

 

 

4. 無料、0円を入れる

無料の訴求は、アフィリエイトなどをしている場合、成約率の向上も見込むことができます。

 

読者が無料で利用できる案件は、ドンドン無料訴求をしていくのが良いです。

 

無料なのに、無料訴求をタイトルでしないのは、逆にマイナス効果です。

 

【初回購入無料】爆痩せサプリの購入方法

初期資金0円で始められる投資の始め方

 

 

5. お得度を入れる

無料訴求並みに効果があるのが、お得度の提示です。

 

よくあるのが、購入、入会、切り替えなどで、ポイント還元やキャッシュバックをしてくれるものです。

 

・スマホゲームを課金し放題?実質無料でガチャができる方法

・インターネット回線の切り替えで5万円キャッシュバックを得るやり方

・楽天カード新規入会で10,000ポイント獲得

 

 

6. 最新の情報であることを伝える

ジャンルによって、情報の最新性が求められるものがあります。

 

そういったものは、日付や最新などの言葉を入れて、新しい情報であることをアピールするとクリック率アップにつながります。

 

品切れしている商品やプレミア価格になっている商品が買える情報、発売されたばかりのゲームの攻略手順などは、記事の更新もスピード勝負になっています。

 

この手のものに該当するものはたくさんあると思います。

 

【○月○日最新】マスクの買える通販サイトと価格動向を紹介

【○月○日更新】ドラクエ10の攻略方法と裏アイテムの入手方法

 

 

7. 即効性があったり、簡単であることを伝える

人間は楽したいと考える生き物です。

 

即効性を感じられたり、簡単にできることはとても好まれます。

 

・誰でもたった30分で1万円稼げるセルフバックのやり方をお教えします

1日10分の自宅筋トレで、1ヶ月に3キロ痩せる方法を紹介します

 

 

8. 限定であることを伝える

「期間限定」は、購買意欲をそそられる言葉です。

 

「○月○日まで」「残り○個」なんて書いてあった日には、購入を迷っていた人が即決してしまう可能性も大いにあり得ます。

 

というか、買ってしまった経験が多くの方はあるのではないかと思います。

 

【期間限定】オンライン英会話スクールの入会金無料キャンペーン

【○月○日まで】楽天スーパーセールの還元率100%超えの商品をご紹介

【残り○個】健康青汁の初回無料購入キャンペーン

 

 

9. ○○の方法、○○術

検索者は、「やり方」を調べて検索していることも多いです。

 

なので、「方法」を解説した記事というのはとても読まれます。

 

登録方法の説明などは、アフィリエイト記事にも使えますのでご参考まで。

 

・大学卒業後3年間ニートだった僕が大手企業に就職できた方法

・給付金の申請は5分で完了します!図解わかる簡単登録方法

・年収300万円でも、年間100万円貯金できる貯蓄術

 

 

10. 理由を明示する

人は理由がないと納得しないものです。

 

なので、理由を解説した記事も需要があります。

 

しかし、理由にはあなたの体験や明確な根拠がなければ読者の納得は得られません。

 

信頼を落とすので、参考サイトを見て適当に書くのはやめましょう。

 

・副業で100万円稼いでも会社員を辞めてはいけない5つの理由

・あなたがYouTuberになっても稼ぐことが難しい3つの理由

 

 

11. 疑問形にする

疑問形で書くことは、読者の興味を引くことができます。

 

「えっ?そうなの??」って思うようなブログタイトルは、高いクリック率を出せる可能性があります。

 

・寝る前にスマホを触るのは健康に悪い理由を知ってますか?

・9割の個人事業主が知らない節税対策!あなたは何個知ってますか?

 

 

12. ターゲットを呼びかける

「あなたへ!」のように読者に呼び方をすることによって、「自分のことだ!」って思ってもらえます。

 

呼びかけをするときは、複数の人をターゲットにしないで、「1人の人」を対象に呼びかけることが大切です。

 

夫婦関係がうまくいかないあなたへ!今すぐ使える7つのコミュニケーション術

早起きが苦手なあなたへ!明日から早きができる5つの方法

 

 

13. メリット、デメリットを入れる

人は、なにかを始めたり、購入するときは、メリットとデメリットを天秤にかけます。

 

メリットの方が大きければゴーですし、デメリットが大きければノーです。

 

メリット、デメリットを知りたいと思っている読者は多いので、有効な記事の書き方になります。

 

・マイホームを購入するメリット、デメリットを徹底解説

・ZOOMで会議をする5つのメリットと3つのデメリット

 

 

14. 権威性(プロっぽさ)を出す

すでに実績や経験があったり、資格を持っていたりする場合、「自分はその分野の専門家」という立場で書くことができます。

 

誰だって、素人の意見よりプロの意見を知りたいと思ってます。

 

こうした権威性を発揮できる立場にある場合にとても有効です。

 

副業開始3ヶ月で100万円を稼いだノウハウを大公開

現役弁護士が解説する詐欺に引っかからない5つの心得

 

 

15. 体験談、エピソードを入れる

体験談やエピソードは、人の経験を自分が経験しなくても得られるのでとても好まれます。

 

書籍でも、起業家や有名人などの自伝などが人気になるのは、成功者の体験を格安で知ることができるからです。

 

・【体験談】素人が40歳からシステムエンジニアへ転職が成功した3つのステップ

・海外旅行は若いうちに行くべき!30歳で初めて海外に行って人生が変わった話

 

 

16. 意外性や逆転の発想をいう

人には、ある種の固定概念や思い込みがあります。

 

その真逆をいく仮説が提示されたとき、興味を持ってくれる可能性があります。

 

・ブラック企業で働くことは地獄?実は得られるものが多くあります

・タバコは百害あって一利なし?実は吸うことによるメリットもあるんです

 

 

17. 悩みを書く

読者の悩みをタイトルにつけることも、「あ!自分のことだ」と認識してくれるので、ダイレクトな悩みに突き刺さると、共感してクリックしてもらえます。

 

子供が言うことを聞かない…そんなときに親がすべきこと5つを紹介

台風で自宅が被災!片付けや修理の手配をする前にやる3つのこと

 

 

18. 失敗を入れる

「失敗したこと」、「失敗しない方法」など、人は失敗したくないって思ってますので、失敗に対する解説する記事はクリックされやすいです。

 

・はじめての海外旅行で失敗した3つのこと

・就職活動で失敗しない10の準備

 

 

19. 大事な部分を隠す

大切な部分を○○で隠してしまうことによって、「○○の中身はなんだろう?」って興味でクリックをしてもらうことができます。

 

・転職活動がうまくいく人といかない人、違いは○○だけ

・料理が上達するコツ!○○だけで味は激的に改善します

 

 

20. 役立つ情報を入れる

役立つ情報というのは、正攻法なので興味を引くという点ではちょっと違うかもしれません。

 

しかし、楽することや、裏技を探している人ばかりではなく、時間がかかっても真っ当な方法を探しているのも事実です。

 

真っ当なことを当然のように解説をしている記事は、読者の信頼性を得らやすいです。

 

・ブログの執筆スピードが2倍になる方法を教えます

・3日坊主にならない継続のコツは「5分」やってみること!具体的手法を解説

 

 

まとめ:ブログタイトルのつけ方

ブログのタイトルをつける際に気を付けたいポイントは下記の4つです。

 

・読者へのメリットを伝える

・キーワードは必ず入れる

・タイトルの文字数を考慮する

・誇張表現や嘘はダメです

 

キーワード、文字数に加えて、キャッチコピー(読者へのメリット)がクリック率を左右する要素になります。

 

キャッチコピーというのは、自分で好きに設定できるが故、どれだけ大きく書くこともできてしまいます。

 

期待値の高いブログタイトルに対して、中身が薄いと読者の信用を失います。

 

また、期待値の低いブログタイトルだとクリックをしてもらえません。

 

 

さじ加減の難しいところですが、この記事で紹介している数字を使う方法は初心者でも扱いやすいと思います。

 

「○○のコツ」、「○○のポイント」、「○○のステップ」、「○○ポイント還元」、「○○の方法」、「○月○日まで」など。

 

数字を使うことは、初心者でもやりやすいですし、読者にも伝えたいことが見えやすいのでオススメしたいです。

 

 

クリック率の上昇だけでなく、アフィリエイトや集客をしたい場合、売れるキーワードのレパートリーを知っておくことが言葉の魔術師になる近道です。

 

売れるキーワードを学びたい場合、下記の書籍はオススメですのでご参考まで。


 

以上になります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

-SEO

Copyright© ブログの掟 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.