ゼロからはじめるブランディング戦略の概要

こんにちは、

 

今回は、ブランディングの基本について

解説していきたいと思います。

詳細は動画にまとめましたのでご視聴ください。

 

 

動画を見る時間がない方には、

文章でもわかるように要点だけまとめました。

もっと深く知りたい場合は動画をご視聴ください。

 

 

ブランディングってなに?

 

wikipediaを見ると、書き出しでこんな風に書かれています。

ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やブランド、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建築物・史跡・地域 ・祭事など、あらゆるものが該当する。

(wikipediaより抜粋)

 

非常に盲目的であり、信仰心があります。

例えば、

高級車といえば:フェラーリ、ベンツ

高級バックといえば:ヴィトン、エルメス

などが挙げられると思います。

 

これは、個人でビジネスを行っていく上でも

必要な要素となっており非常に重要です。

 

個人でやっていく場合、

・あなたのイメージ付け

・好意を持ってもらう

につながっていきます。

 

せっきーと言えば、「沖縄移住」とか「自由人」なんて

思ってもらえたならボクのブランディングは

確立しているってことになります。

 

 

なぜ必要なのか?

 

ブランドがないと選ばれないからです。

人は、自分のイメージで判断するため、

良いイメージであれば、それだけで選ばれる

可能性があるのです。

 

例えば、あなたがバックを買いたいとお店に行き、

超高級なワニやヘビの皮を使ったノーブランド品と

塩ビだけど正規品の証明がついているヴィトンのバック、

値段が同じだったらどちらを選ぶでしょうか?

(ヴィトンが嫌いなら、好きなブランドに置き換えてください)

 

一目瞭然ですよね?

 

 

どういった効果がもたらされる?

 

1 比較されない

2 価格競争がない

3 安定して売り上げている

 

ヴィトンが好きな人はとことんヴィトンを買います。

そこには、確固としたものがありますので、

ヴィトンというのは他社と比較されないし、

価格も一切値引きがありません。

固定客もいるため、売り上げも安定しています。

 

 

ブランディングの正体

 

あなたが個人でブランドを確立したいと思った時、

注意しなければいけない3つがあります。

ブランディングとは、この3つの複合体で

成り立っているのです。

 

1 機能的価値(そのものの機能、役立つもの)

2 情緒的価値(感覚に訴える価値、自分の好みに近い物)

3 人間的価値(理念、ミッション)

 

あなたが個人でビジネスをする時、

この3つを最初に決めることからはじめることを

オススメします。

なんとなくやっている方も多いですが、

それではあなた=○○○というものが

いつまでたっても確立することができないでしょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらほかの記事も覗いていただけると

幸いです。

 

 

-ブランディング

Copyright© ブログの掟 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.