仕事を抱え込む人は仕事ができない理由

こんにちは、

 

長時間労働をする人の特徴として、

仕事を抱え込んでいるケースが多いです。

 

仕事を抱え込む人=仕事ができない人

なので、仕事を抱え込むクセのある方は

今回の動画を視聴してみてください。

 

 

動画を見る時間がない方には、

文章でもわかるように要点だけまとめました。

もっと深く知りたい場合は動画をご視聴ください。

 

 

仕事が永遠に終わらない

 

これ、当事者からした最悪ですよね。

出口が見えない仕事ほどツライものはありません。

 

こうやって仕事を抱え込んでしまう人の性格って

・人に頼むのは申し訳ない

・頼むより自分でやりたい

・人に任せるのは信用できない

・自分でやった方が早いと思ってしまう

 

自分ファーストなんですね。

ボクも毎日24時過ぎまで誰よりも遅く会社に

残って黙々と仕事をしていたことあるのでよくわかります。

 

ただ、こうした自分ファーストもマイナスに働くことが

あるので注意が必要です。

 

 

人に任せることも重要

 

自分がたくさん仕事を抱え込んでしまうことにも

デメリットが存在します。

・休暇や退職をする際、周囲に迷惑をかけてしまう

・部下の超過労働 → 上司の管理監督責任

 

がんばっているつもりが、

逆に自分の評価をさげてしまうことに

つながる可能性があるのです。

 

あなたがどれだけがんばって上司に可愛がられても、

上司は部下を平等に扱わなければいけない義務もあります。

 

 

仕事を頼むことは申し訳ないのか?

 

まわりと比べ、あなたが過剰な業務を請け負って

いるのであれば、遠慮することはありません。

 

やるべきことさえやっていれば、

あなたはお願いする権利を持っています。

例え、年上や上司であっても構うことありません。

 

日頃マジメにやっていれば、同僚も基本的には

協力をしてくれるはずです。

 

仕事を抱え込んでしまう人の特徴は、

マジメで責任感がある人なんです。

 

マジメで責任感があると周囲からも思われていれば、

周りの同僚も協力的になってくれると思います。

 

逆に、一生懸命やっているのに、

上司も同僚も見て見ぬ振りをするような職場で

あったら、さっさと辞めてしまった方がいいでしょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったら、ほかの記事も覗いていっていただけると

幸いです。

 

-会社員、OLのマインドセット

Copyright© ブログの掟 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.