残業が多い社員が優秀ではない理由

こんにちは、

 

残業=優秀が間違った認識である。

ということについて今回はお話していきます。

 

詳細は動画にまとめましたのでご視聴ください。

 

動画を見る時間がない方には、

文章でもわかるように要点だけまとめました。

もっと深く知りたい場合は動画をご視聴ください。

 

 

日本の悪しき風習

 

なぜなのでしょう?

最近は考え方も変わってきたのかもしれませんが、

日本の企業は、

残業をたくさんしている人=優秀

といった文化があります。

 

残業をたくさんして、

仕事をたくさんしているので、

会社に多大なる貢献ができている。

 

あなたはこんな風に考えていませんか?

上司や同僚も同様の考えを持っていないでしょうか?

 

ボクは、会社をクビになるまで、

たくさん残業をすれば、

評価され、いつか必ず出席するんだって

思っていました。

 

 

残業多=間違いの理由

 

そもそも、会社がある理由はなんでしょう?

色々な目的はあるにせよ、最終的には

「利益」をあげるためです。

 

残業をすることが本当に効率のよい

働き方なのでしょうか?

 

長時間働くということは、

それだけ集中力も続かないし、

休憩の回数も増えるし時間も長くなります。

 

ダラダラいつまでも会社にいることが、

会社のためになっているとは思えません。

 

長時間会社にいるということは、

・長時間労働が当たり前と、会社の評判を下げる

・人件費や光熱費等の経費がたくさんかかる

・社員の健康を害する可能性がある

→会社の責任になる。(責任はとってくれませんが)

などなど

 

会社に損害を与えている可能性があることを

考えなければなりません。

 

 

自分の人生を生きるため、早く帰ろう

 

はじめは、周囲の目が気になるかもしれません。

まずは、周囲が納得してくれるパフォーマンスを

発揮しましょう!

会社にしっかり貢献し、そしてしっかり定時で帰る。

 

「あいつは定時帰宅が当たり前」

いつしか、周囲の人はそれが当たり前になります。

人間は慣れの動物なので、あなたも同僚もそれが

当然になりますので、大丈夫です。

 

ボクも、トラブルなどがない日は、

チャイムと同時にサクッと

「お先に失礼します。」と帰ってましたから。

 

会社は非情なもので、身勝手な存在です。

大切な人生を捧げるには、相応の価値がないものと

ボクは考えています。

もちろん、仕事があるおかげで生活ができていることに

感謝はしなければなりません。

ですが、必要以上の奉仕は誰のためにもならないってことです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ほかの記事も覗いていっていただけると幸いです。

 

-会社員、OLのマインドセット

Copyright© ブログの掟 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.